[2014][明星大学]道徳教育の指導法(小学校) 合格レポート 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数543
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014 明星大学 通信教育 教育学部 道徳教育の指導法(小学校) 1単位目の合格レポートです。

    講評は概ね良かったと思います。
    みなさまの勉強のお手伝いができれば幸いです。ぜひ参考になさってみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 2014年度 道徳教育の指導法 レポート課題  1単位目
    参考文献『道徳教育の指導法』佐々木利夫、岩城晃範、森下恭光(明星大学出版部)
    成績 合格
    講評
     課題1 改訂点を踏まえ、理解が示されています。
    課題2 背景にも触れ、経緯についてよくまとめています。
    課題2は、bを選択
    〈課題1〉
    『現行の「小学校学習指導要領」における道徳教育の考え方について説明せよ。』
     現行の『学習指導要領』においては、①道徳の時間を「要」として、学校の教育活動全体を通じて各教科等の特質と学校段階や児童の発達段階を一層考慮して行うこと、②道徳推進教師を中心に全教師が協力して道徳教育を推進すること、③指導計画の作成につき、指導内容や時期、家庭や地域との連携方法示す必要を明確にし、全ての学年で「内容」に示されている項目の全てを指導すること、これらが改正の要点として示された。
    『学習指導要領』では、道徳の時間は「要」として、他の教育活動から独立した時間として位置づけられるのではなく、他の教育活動を補充し、深化し、統合する役割を果たすことが重要であること、道徳教育が担うべき独自の役割として、児童の生きる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。