[2014][明星大学]初等教育課程論 合格レポート 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数424
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014 明星大学 通信教育 教育学部 初等教育課程論 2単位目の合格レポートです。

    講評は概ね良かったと思います。
    みなさまの勉強のお手伝いができれば幸いです。ぜひ参考になさってみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 2014年度 初等教育課程論 レポート課題  2単位目
    成績 合格
    講評 PISA型学力を支えているのは、構成主義的な学習観である。「現実は主体の認知メカニズムを通して構成される」、つまり個々人の知識や認識はそれぞれにその個人によって構成されていくものである、というとらえ方を、「構成主義」という。すなわち、その学習観は、知識を受動的に伝達されるのではなく、主体自身によってそれぞれ構成されると考える。したがって、この考え方による教育観は、個人の経験に対応した学習観である。
    参考文献 『現代初等教育課程論』 青木秀雄編(明星大学出版 2014)
          『小学校学習指導要領解説‐総則編』 文部科学省 (東洋館出版社 平成20年)
          『幼稚園教育要領解説』 文部科学省 (フレーベル館 平成20年)
    課題は①と③を選択しています。
    〈課題〉
    『下記3問より2問選択し、解答のこと。
    ①小学校教育課程の編成と教育方法に関連し、学力を伸ばすためにはどうあるべきか、検討してください。
    ③幼稚園教育の指導計画の立案に当たって、基本的に留意すべき点を挙げて説明してください。なおその..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。