[2014][明星大学]初等教育課程論 合格レポート 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数350
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014 明星大学 通信教育 教育学部 初等教育課程論 1単位目の合格レポートです。

    講評は概ね良かったと思います。
    みなさまの勉強のお手伝いができれば幸いです。ぜひ参考になさってみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 2014年度 初等教育課程論 レポート課題  1単位目
    成績 合格
    講評 「ゆとり教育」は「生きる力」を育てることを目標にした。追われるような生活から、子どもたちのゆとりある教育、つまり自発的で主体的・個性的な教育環境の中で「学び」の形成と、「豊かな人間性とたくましい児童生徒の育成」がその基本にあった。そこで今日、主要科目の授業時間を増やせば生きる力を養えるか、という教育の質に関する問題が突きつけられている。
    参考文献 『現代初等教育課程論』 青木秀雄編(明星大学出版 2014)
          『小学校学習指導要領解説‐総則編』 文部科学省 (東洋館出版社 平成20年)
    〈課題1〉
    『教育課程とはどういう意味ですか、それが教師や子どもにとってなぜ重要なことといえるのですか。』  
    教育課程とは、学校の教育活動全体についての基本となる計画のことである。小学校学習指導要領などの法定の基準に従いつつ、各学校においてその教育が実現したい目標や、実現のための方針などを明確に示し全体を見通した適切な計画を立て、それに基づいて教育活動を展開することが重要であり、その実施の状況や結果を評価して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。