[2014][明星大学]初等体育科教育法 合格レポート 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数339
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014 明星大学 通信教育 教育学部 初等体育科教育法 
    1単位目の合格レポートです。

    講評は概ね良かったと思います。
    みなさまの勉強のお手伝いができれば幸いです。ぜひ参考になさってみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 2014年度 初等体育科教育法 レポート課題  1単位目
    成績 合格
    講評
    体育の運動領域における学習内容の各項目について、よく論述しまとめています。
    参考文献 『新版体育科教育学入門』高橋健夫、岡出美則、友添秀則、他(大修館書店)
    〈課題1〉
     2008年学習指導要領は、「生きる力」を育てることを基本理念としている。そのため、体育科においては、心と体の一体化と生涯スポーツに向けての能力育成を重視し、技能的目標、体力的目標、社会的目標をより確実に達成するために、①技能(体力を含む)、②態度(規範的態度及び愛好的態度)、③思考・判断の教科内容が具体的に記載され、目標と内容の一貫性がより明確になった。
     ①「技能(運動)」について。運動技能の習得は子どもが体育の授業に対しもっとも強く期待することであり、技能の向上を合理的に図ることは、運動の楽しさや喜びを深めていくためにも重要な要件となる。「運動技術」とは、運動課題に対して合理的で無駄のない、誰でも共有できる動きのような「運動の仕方」を示すものである。「運動技能」とは、練習やトレーニングを行うことでもたらされる、技術が身についた状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。