[2014][明星大学]法学2 合格レポート 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数209
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本人権政治裁判法律法学行政裁判所

    代表キーワード

    明星大学法学

    資料紹介

    2014 明星大学 通信教育 教育学部 法学2 2単位目の合格レポートです。

    講評は概ね良かったと思います。
    みなさまの勉強のお手伝いができれば幸いです。ぜひ参考になさってみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 2014年度 法学2 レポート課題  2単位目
    成績 合格
    講評
    1は二院制の形態、機能上の特色がよく論述してある。衆議院の優越についてさらに理解
    を深めるとなおよい。
    2は司法特有の機能、統一と独立の重要性がよく指摘してある。
    参考文献 『法学』北岡勲・児玉誠著(明星大学)
    〈課題1〉
    『日本の国会が二院制で構成される理由』
     議会が二つの合議体で構成される場合を二院制と呼ぶ。二院制では、少なくともそのうち一院が国民の直接公選による議員で組織され、他の院は、なんらかの別の選出方法による議員で組織される。現在、二院制はアメリカ、イギリス、ドイツなど多くの国で採用されている。
     日本においても、明治憲法で貴族院と衆議院の二院制が採用され、以来現在に至るまで二院制が維持されている。貴族制を有せず、また連邦制をとらない単一国家である現在の日本が一院制ではなく、二院制を採用している理由としては、主に次に2点があげられる。① 慎重な審議を行うため。一院制では、一院の活動が直接議会の活動となるのに対して、二院制の場合には、二院が別々に活動しその活動が一致したとき始めて議会の活動が有効に成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。