[2014][明星大学]初等図画工作科教育法 合格レポート 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,017
ダウンロード数135
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014 明星大学 通信教育 教育学部 初等図画工作科教育法 2単位目の合格レポートです。

    講評は概ね良かったと思います。
    みなさまの勉強のお手伝いができれば幸いです。ぜひ参考になさってみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 2014年度 初等図画工作科教育法 レポート課題  2単位目
    成績 合格
    講評 都会ならではの課題(題材)ですね。乗り物は普段目にしていても、いざ書こうとすると難しいところもあるかと思います。目標をどのように定め、方向づけするのかが、4年生への課題にとって重要ななりそうですね。
    参考文献 『平成20年告示新学習指導要領による図画工作科指導法 理論と実践』大学美術指導研究会 藤江充・岩崎由紀夫・水島尚喜著編著(日本文教出版 平成23年)
          『小学校学習指導要領‐図画工作編』文部科学省 平成20年
    〈課題1〉
    『テキスト内の第2章第4節「表現(2)‐絵で表す」及び第5節「表現(2)‐版で表す」を600字程度で要約しなさい。その上で、あなたが現在住んでいる地域の特性を生かした「絵で表す」または「版で表す」の題材をひとつ考え、その概要を400字程度で述べなさい。』  
     ①絵に表す。低学年では、感じたことや想像したことを自分の好きな形や色で表し、思う存分手を働かせながら表すことができるように配慮し、書きながらイメージと表現を繰り返し、確かめながら充実していく活動ととらえるこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。