[2014][明星大学]初等図画工作科教育法 合格レポート 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数924
ダウンロード数144
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014 明星大学 通信教育 教育学部 初等図画工作科教育法 1単位目の合格レポートです。

    講評は概ね良かったと思います。
    みなさまの勉強のお手伝いができれば幸いです。ぜひ参考になさってみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 2014年度 初等図画工作教育法 レポート課題  1単位目
    成績 合格
    講評
    課題1,2で考察された課題ともに、表現と鑑賞の関連づけが理解されているようです。
    あなたの地元ならではの材料を使った課題と地域のお祭りのことも関連づけられ、幅広
    く子どもたちの心に関心が広がりそうですね。
    参考文献 『平成20年告示新学習指導要領による図画工作科指導法 理論と実践』大学美術指導研究会 藤江充・岩崎由紀夫・水島尚喜著編著(日本文教出版 平成23年)
          『小学校学習指導要領‐図画工作編』文部科学省 平成20年
    〈課題1〉
    『テキスト内の第2章「図画工作科の目標と内容」の第1節及び第2節を要約し、その上で、「表現領域」及び「鑑賞領域」の関連性について考察しなさい。』  
    平成20年度改訂の学習指導要領における構成は、第一に教科目標、第二に各学年の目標と内容、第三に指導計画の作成と内容の取扱い、となっている。
    第一の教科目標は「表現及び鑑賞の活動を通して、感性を働かせながら、つくりだす喜びを味わうようにするとともに、造形的な創造活動の基礎的な能力を培い、豊かな情操を養う」として、子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。