統合失調症について(症候論)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数749
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    統合失調症の症状や歴史について書いてあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    統合失調症について(症候論)
    序論
     統合失調症とはどのような疾患であるか。それは一言で言い表すことが非常に難しい疾患である。その全体像を著述することは非常に膨大になる為、本論では統合失調症の歴史、原因、症状、経過について、症候論的観点から述べる。
    統合失調症の歴史
    統合失調症は長い間誤解を受けてきた,いや今も受けている病気である。狂気の代表とみなされ,精神のガンとも呼ばれた。現在でも,様々な偏見を持たれ,話題になることも多い統合失調症であるが,その実態を本レポートで調べていく。具体的には,その原因,経過,そして陽性症状を記述していく。
     内容に移る前にまず,統合失調の歴史についてごく簡単に触れておく。 統合失調症が多く見られるようになったのは19世紀になってからである。それ以前に統合失調症があったのかなかったのかは議論のあるところであるが(例えば15世紀のジャンヌダルク),本レポートでは19世紀以降の状況を記述する。
    精神医学的の歴史において最初に統合失調症を記録したのはハスラムとピネルであると言われている。それぞれ英国とフランスで同じ1809年に記載されている。その後,1860年に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。