【テスト対策】過去問題 明星大学 英米文学1(PK2030) 13題掲載

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数795
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 英米文学1(PK2030)の過去問題と回答例です。13題掲載しております。そのうち2題は2015年に出題されたものです。
    この回答例を作成して科目修了試験に臨み、結果は「優」の評価をいただきました。
    参考までに御活用ください。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ①と⑬は2015年に出題された問題です。
    ①次のうち1つを選び、歴史的背景を踏まえて説明しなさい。 関連のある作家や作品にも言及すること。
    作品名や作家名は原語で綴ることが望ましい。
    ・「ピューリタニズム(Puritanism)」
    ・「アメリカの夢(American Dream)」
    ・「超絶主義(Transcendentalism)」
    ピューリタニズム
     起源はピューリタンのうちの会衆派によるもの。ボストンを中心としたマサチューセッツ植民地で行われた神政政治が成長した思想。彼らは自分たちが他の世界の者たちから、たえず仰ぎ見られる存在、すなわち丘の上の町だと位置づけ、自分たちの世界が常に注目され、そして他の世界の模範となるべきだと考えた。世界を引っ張っていくリーダーを自負する思想である。
    代表作家:Cotton Mather (コットン・マザー)
     ニューイングランド神政政治の中心的な一族に生まれた。彼は「両親への子のつとめ」の中で社会秩序の基礎となる家族の重要性を説いた。ニューイングランドのピューリタリズムは、彼の祖母や父の時代に比べるとやや衰退していたが、彼は誇りを持って神政政治を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。