明星大学 PK2040 2014年度 英米文学2 【1単位目】 合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数311
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格済みレポートです。参考までに御活用ください。以下は講評です。
    【講評】
    興味をひかれた作品に一つでも多く触れて下さい。時を越えて人間に対する深い考察を伝えてくれるでしょう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1単位目
    ①教科書第一章~第八章冒頭の「A.文学史概観」の項を熟読し、日本語1,000字でまとめよ。
    第一章 古英語時代 5世紀~1066。Widsithは5、6世紀には伝踊されていた。吟遊詩人が旅行中に見聞したものをうたったものである。BEOWULFは7、8世紀には完成したとされ、3000行を超すゲルマン民族の英雄叙事詩である。
    第二章 ノルマン・コンクエスト以後の中世英語時代。「英詩の父」と称せられるGeoffrey Chaucerは、彼の創作活動における円熟時代にTHE CANTERBURY TALESを作り、これは中世・近世の最大の傑作である。
    第三章 文芸復興期でイギリスでは16世紀にあたる。代表的作家のShakespeareを取りあげる。彼の創作時代は四期に分けられ、第一期の修業時代は情熱的で華麗な文体に特徴がありHenry VIがある。第4期は前期の暗い悲劇の時代から清澄な浪漫劇に移った時代でTempestがある。
    第四章 絶対王政崩壊の過渡期で清教徒の勢力が強大な時代。John Miltonは清教徒であり、文芸復興と宗教改革の両精神を融合させているところに特徴がある。P..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。