P6303英文法第1設題 B評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数131
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本英語日本語英文考察文章概念文法分類目的

    代表キーワード

    英文法P6303

    資料紹介

    【所見】
    よくまとまっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    5文型と7文型の違いを明示し、英語の基本文型としてはいくつの文型を認めるのが適切であるのかを、具体的な証拠を積み重ねて論じなさい。
     一般に学校の英語教育では5文型で英語が教えられる。5文型では、英文の基本構造を、S(Subject:主語)、V(Verb:動詞)、C(Complement:
    補語)、O(object:目的語)の4要素を提示し説明している。対して7文型では、文が意味を成すために必ず必要とされる「必須副詞句」A(Adverb of Place)の存在を考慮して説明するものである。文章中において「場所を表す語句」が「そこになくてはならない」場合に用いるものがAである。Aは賓辞副詞とも表される。
    英語の基本文型をいくつ認めるのが妥当なのだろうか。私は7文型で考える方が良いと考える。ここでは共通したいくつかの例文を5文型と7文型でそれぞれ考察しそれを論拠とする。
    Ⅰ.5文型での適用
    (ⅰ)第1文型(S+V)外延性自動詞
    He smiled understandingly.
    Summer is here.
    He smiledで文章は簡潔している。一方、Summer isでは文章の意..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。