P6303英文法第2設題 B評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数190
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本英語文化日本語言語表現比較言葉考察

    代表キーワード

    英文法P6303

    資料紹介

    【所見】
    今後もこの調子で。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語のpolitenessと日本語の「丁寧表現」を比較することによって、その類似性と相違点を具体例を通して明らかにしなさい。
     日本語には、尊敬語、謙譲語、丁寧語の丁寧表現がある。日本語の丁寧表現とは、自分と相手の社会的関係や立場をふまえて相手を持ち上げて丁寧に話る尊敬語、相手に敬意を示すために自分自身がへりくだって語る謙譲語、「です」「ます」などを使って話し手が聞き手に敬意を表して言ったり、上品に言ったりする丁寧語がある。英語におけるpolitenessは日本語における丁寧表現と違い文法としては体系化されていない。しかし当然ながら、英語にもpolitenessは存在する。英語でのpolitenessは、必ずしも話し手が相手に対して敬意やつつしみを表現するものではない。日本語の敬語のように文法としての「丁寧表現」が成立していない英語では、話し手が実際に言葉を話す際に聞き手に対して配慮や思いやりを含める。これが英語の丁寧表現である。まずはポライトネスに関して著名なブラウンとレヴィンソンの学説を紹介した上で、両言語における丁寧表現の表現方法や捉え方の相違を考察する。
     ブラウンとレヴィンソ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。