レポート課題(知識社会学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数98
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知識社会学 レポート課題
    「精神疾患の歴史的な構成」
    狂気には精神疾患という意味はなく、「狂者は憑かれた者」と考えられていた。宗教的および魔術的な意味を持つ緊密な織物の内部で理解された存在であり、病人としては認識されていなかった。この解釈は、狂者たちが憑かれた存在と見做されていたという事実の誤認、憑かれた者と考えられた人々が精神疾患の患者であったという不正確な先入観、憑かれた者が本当に狂者だったとすれば、狂者たちが実際に憑かれた者たちと同じように扱われてきたはずだという推論に基づいている。
    医学は、二度の憑依の問題に介入した。一度目は、悪魔との契約と儀式と呼ばれているものは、どれも狂った想像力の働きとして理解できることを示そうとした。二度目は、恍惚、霊感、予言、聖霊の憑依などの全ての現象は、体液や精気の激しい動きによるものに過ぎないことを示した。これは、医学からの確認が主であったのではなく、内部分裂を防ごうとした宗教的な理由であった。しかし、この批判が要請したカトリック教会にとって不利な形で、全てのキリスト教の経験に対抗する形で利用された。そして、宗教が神経の幻想的な働きによるものであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。