レポート課題三学期(知識社会学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数99
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知識社会学 レポート課題
    社会の中で、人は誰も一定のポジションを占めて生きている。人はそれを一定の期間占め続ける。それは、命令に従属することを意味している。その命令に従いうる限りで、そのポジションを維持し続けられる。それ故にそれに従いえなくなった時、人はそのポジションを失う。
     社会はこの様に再生産される。社会は、個人に対して、あるポジションを占めるように、自分の命令に従うようにと呼びかける。
     社会とは、この様なポジションの集合体、ネットワークである。ポジションは、疲れを知らずそれを占める個人の交替、生と死を超えて、存続し続ける。
     人は、社会で一定のポジションを占める限りで他人と交換可能である。つまり、人が個別的であるのは何者でもない時である。
     ポジションの命令に従えなくなるのは、疲れを知らないポジションについていけなくなる時、疲労の極みにおいてである。疲れ知らずで、今日と同じ明日をいつまでも繰り返すことができる社会的なポジションの生に同一化することに疲れ、個人は自己自身を享受し始める。
     社会的な生は、命令という言語行為によって他のポジションと結ばれたポジションである。あるポジ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。