社会教育と生涯学習の関係(生涯学習論)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数201
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会教育と生涯学習の関係
    社会教育
    社会教育とは、端的には学校外での組織的な教育活動を言い、極めて幅の広い概念である。
    法制度上において、社会教育は、学校教育と家庭教育を除いた教育を指すことが多い。
    社会教育法の第2条では、社会教育とは、学校教育法に基き、「学校の教育課程として行われる教育活動を除き、主として青少年及び成人に対して行われる組織的な教育活動(体育及びレクリエーションの活動を含む)をいう」とされている。
    また、現在では「社会教育」に換えて「生涯学習」という用語を狭義の同義語として使う場合も多く、近年、行政庁では社会教育を担当する部署名を「生涯学習課」と呼称するケースが増えた。これは社会教育という用語が関係者以外には一般化していないためである。また社会教育法の施行時には想定されていなかった、ボランティア、カルチャーセンター、大学等のオープンカレッジ(公開講座)、放送大学などの様々な「学び」を包括した用語として定着しつつあるためである。
    社会教育にかかわる施設としては、図書館、博物館、公民館が挙げられる。
    生涯学習
     生涯学習とは、ユネスコのポール・ラングランがパリで1965年..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。