神奈川県の在来種(信州の農業)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数88
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    消費者市場生産明治品質消費施設

    代表キーワード

    消費者

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    神奈川県の在来種
    1、在来種分布図
    http://www.jakanagawa.gr.jp/kn-brand/brandmap.htm
    より抜粋
    2、湘南(藤沢・茅ヶ崎・平塚周辺)の在来種
     神奈川県の中でも地元である湘南の在来種を調べてみた。
    ・トマト
    ビタミン類が多く、新鮮で味が良いと県民に喜ばれている。ビニールハウスが普及する前には露地トマトが少量、多くの農家で栽培されてきた。  昭和30年代より、ビニール、ガラスを利用した施設トマトが本格的に取り組まれ現在に至っており、ハウス桃太郎を中心とした完熟系トマトが3月~6月の間、4kg箱で農協共販により各市場に毎日出荷されている。
    ・小松菜
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。