【明星大 過去問・解答例】中等教育相談の基礎と方法【2015】

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数336
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学「中東教育相談の基礎と方法」科目終了試験対策

    2015年度一発合格した際に作成した資料です。是非参考にしてください。
    本資料では、まず過去問を一覧にし、
    次に各問題の解答を、箇条書きを中心にまとめています。
    出来るだけ暗記しやすいよう工夫して作成しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中等教育相談の基礎と方法 試験対策(2015年度)
    過去問
    教育相談の定義を明らかにし、生徒指導との関係について説明しなさい。
    教育相談で用いる技法を非言語的技法と言語的技法に分け、それぞれのねらいと期待される効果について説明しなさい。
    教育相談で連携の必要な学校外専門機関の例を医療、福祉、司法の分野からそれぞれ挙げ、連携の際のポイントについて述べなさい。
    教育相談を学級経営に生かす方法について、具体例を挙げて論じなさい。
    保護者を対象とした教育相談を実施する際、教師が留意すべきポイントについて述べなさい。
    中学生、高校生の発達の特徴と発達課題を挙げ、それらを踏まえた教育相談の在り方について述べなさい。
    中学生、高校生が疾患する可能性のある代表的な精神疾患について説明し、それらの疾患が教育相談を通じて疑われた場合の対応について述べなさい。
    不登校の最近の傾向と、教育相談での対応のポイントについて述べなさい。
    文部科学省によるいじめの定義を明らかにし、教育相談での対応のポイントを予防段階と発生段階に分けて述べなさい。
    スクールカウンセラーの活動内容について述べ、教師とスクールカウンセラー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。