第一回基礎演習発表

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数91
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    情報社会における著作権のありかたについてのプレゼン資料です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報社会における著作権のあり方
    第一回基礎演習発表
    目次
    現在の著作権問題
    改正著作権法とは
    賛成意見と反対意見
    問題点
    著作権問題解決への努力
    海外における著作権問題
    日本特有の事情
    日本における著作権のあり方
    最後に
    参考文献
    現在の著作権問題
    そもそも著作権とは
    →「文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著       
      作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発
      展に寄与すること」
    しかし、現代ではネットワークが繁栄し従来の著作権のあり方が揺らいでいる。
    新しい著作権のあり方が必要。
    現在の状況
    作品
    CDやDVD
    発表
    ネット
    購入
    第三者
    アップ
     ロード
    ネットユーザー
    ダウン
     ロード
    データ
    リッピング
    改正著作権法とは
    有償著作物をそれと知りながら自動公衆送信を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を行った場合、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金、あるいはその双方。
     
      では実際にこの法律は著作権問題解決につな
      がるのか?
    現在の状況
    作品
    CDやDVD
    発表
    ネット
    購入
    第三者
    アップ
     ロード
    ネットユーザー
    ダウン
     ロード
    データ
    リッピン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。