異文化間コミュニケーション 分冊1 問2のみ  評価A合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数208
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    有効期間は平成25年4月1日~平成27年3月31日です。問2の解答のみになります。2.異文化間コニュニケーションとは何かを説明した上で、それぞれの文化(北米文化Vs.日本文化)の中には多種多様な考え方が存在するが、今後は価値観の中で、それぞれの国民はどのような共通性の認識や生活を持つのか、具体例を示し説明しなさい。
    従来の日米の価値観と変化のきっかけ、必要性、また原因について理解されていてとても良いです。今後は変化の持つ否定的側面についても考えるとより論に説得力が増すでしょう。との講評をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    について
    北欧と日本の教育環境について具体例を挙げて説明しました。講評として「従来の日米間と変化のきっかけ、必要性また原因について理解されていてとてもよろしいです。今後は変化の持つ否定的側面についても考えるとより論に説得力が増すでしょう」といただきました。
    参考文献 
    ・異文化間コミュニケーション 
    日本大学通信教育学部教材
    ・異文化間コミュニケーション入門
    鍋倉健悦 丸善ライブラリー(H9.3.20)
    ここから解答です。
    異文化間コミュニケーションとは、文化背景を異にした人々の間で起こるコミュニケーションのことである。ここでいう文化とは歴史や文学における「文化・教養」よりも広い意味で過去から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。