英文法 分冊1 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数188
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題の有効期間は平成25年4月1日~平成27年3月31日です。英語の単純現在時制について、具体的な例文を提示しながらその意味用法を詳述しなさい。
    意味用法が詳述されています との講評をいただきました。ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在時制は主として現在のことを表すが、現在を中心に時間的幅のある状態や動作を表すため、過去や未来の事柄も表す。よって現在時制を使う事柄を以下のとおり分類することができる。
    1.現在の状態・動作
    一般に状態や心理的状態を表したり、知覚に関するものを表す。通常進行相を作らない状態動詞が使われる。
    ・The weather remains rainy.
    (依然として雨が降っている)
    ・I see the plane taking off.
    (飛行機が離陸するのが見えます)
    2.現在の習慣的・反復的動作
    現在を中心にして習慣的に繰り返される動作を表す。動作動詞が使われる。
    ・Shinkansen runs from Tokyo to Osaka.
    (新幹線が東京大阪間を走っている)
    ・We take three meals a day.
    (私たちは1日3回食事をする)
    3.一般的心理
    時間を超越した科学的な真理や心理、地理、数学的な事実、諺などに使われる。
    ・The earth revolves round the sun in a year.
    (地球は1年で公転する)
    ・Water boil..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。