司法試験‐答案作成に当たって留意すべき事柄

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数258
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    司法試験の論文試験において注意すべき事柄について、去年の司法試験合格者が受験生時代にまとめたノートです。教授や先輩合格者の声をまとめた有益なノートとなっていると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    司法試験 
    論文試験に合格するにあたって留意すべき事項
    ▽目指すべき答案
     論文式試験で必要なのは「カラオケで高得点を取る力」である。まずは音程を外さない(基礎知識を用いて問題の解決を図る)こと。司法試験は実務家登用試験であり、求められているのは六法を片手に法律相談できる力と考えればよい。そのうえで表現力(こぶし、しゃくり、ビブラート)があると、加点される。ここでいう表現力は文章力であったり、気の利いたことがかけるか、ということであったりする。そこで、まずは司法試験で求められている基礎知識の範囲を把握し、それをインプットしなければならない。その方法としては過去問に当たってみる、コアカリキュラムを知る、等がある。次に、どのようにアウトプットすれば評価されるかを自主ゼミ、合格答案などを用いて把握せねばならない。
     勘違いしてはならないのは、まず基本的な知識を習得していることが大前提となる、ということである。ある教授は「採点していると基本知識の有無が明確にわかるし、そこで差がついている。試験技術も大事かもしれないが、もっと大事なのはちゃんと法律を勉強すること。」とおっしゃっていた。
    Q.合格..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。