S0616 佛教大学 国語科教育法 試験対策 6設題と解答例 2014年度『85点合格済』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,873
ダウンロード数186
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『2014年度 佛教大学 科目最終試験 S0616国語科教育法』

    資料の解答例の8割弱を試験で記述して85点合格でした。

    働いている人でもすぐに覚えられるようにまとめています。

    7割程度で合格はできると思いますので参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0616【国語科教育法】
    1.テキストに示された「国語教育の意義」について、次の①②③の項目に分けて記述しなさい。項目ごとに改行し、1行あけること。①人間とことば②言語文化と言語生活③国語科教育と国語教育、について実際の国語科の授業と重ねて段落構成に留意して記述しなさい。
    ①人間とことば
     「ことばの意義」の観点から重要なものとして、①恣意性②分節性③生産性④転位⑤文化としての伝承⑥書きことばによる記録性⑦メタ言語性、の7つの特徴があげられる。
    そもそも「人間」という取り立ては、「人間以外の動物」との差異であり、差異の尺度として取り上げられてきたのが「ことば」と「道具」である。
    ことばの最も基礎的なはたらきは伝達である。乳幼児期にことばがいきなり伝達のはたらきをするのではなく、身近な人による語り掛け(様々な刺激)により生産・創造としてのことばを獲得し、ことばによる伝達が次第に確かなものになっていく。人間はことばを創造・発展させ、ことばを使うことにより高度な文明を発達させてきたといえる。
    ②言語文化と言語生活
    「言語文化」言語を主要な媒体として、人間の営みとして創造され、その創造や創造..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。