S0619 生活科教育法 試験6問題と解答 2014年度『合格済80点』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,597
ダウンロード数145
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度 佛教大学 S0619 生活科教育法 科目最終試験

    科目最終試験の『6題の解答例と問題』

    『働いていて時間がない方でも覚えられるように』文字数を少なめ(試験用紙表面に収まる程度)にまとめています。

    80点合格済です

    ※生活科は試験で暗記すべき項目がありますので、赤字で書いているところは問題のポイントになりますので丸暗記してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0619【生活科教育法】
    ①テキストに示された「生活科の単元計画作成についてのポイント(5点)」を正確に箇条書きで示し、その項目ごとに内容を詳細に説明しなさい。
     1.「内容」の組み合わせから
       生活科で取り上げる内容は9つあるが、内容を一つだけで単元を構成する場合もあれば、児童の発達段階に応じて内容を複数選択して行うことが適切な場合がある。複数の内容を組み合わせることで、児童の学習意欲や気付きの質が高まると考えられる。また、複数の内容を組み合わせることで学習活動も多様になるので、小単元を設定することや、ねらいを明確化することが大切である。
     
    2.学習の対象から
       学習の対象を選定する基準の一つに、児童の興味関心がある。児童の興味や関心を具体的にとらえることから単元づくりが始まる。興味関心が低い場合、どのような授業展開で関心や意欲を高めるかという工夫が多岐にわたり求められている。学習を進める中で生まれる思いや願い。対象との関わりが深くなるにつれ思いや願いは強くなっていく。可能性の豊かな対象を選定するようにしたい。
    3.発達段階への配慮から
     <空間軸・時間軸>
    身近な地域や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。