情報ネットワークの発達

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数122
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人間の通信手段の発展・進化について
    情報ネットワークの発達と社会の変化
     情報ネットワークとは人間同士のコミュニケーションの成立を支援するためにケーブルなどの通信路と通信端末装置などの通信機器の両者で代表される情報通信ネットワークにパソコンや携帯電話などの情報機器を接続してメッセージのやり取りを行う仕組みのことをいう。
     そもそも「通信」という技術の始まりは、離れた場所にいる相手とコミュニケーションをとる手段として、例えばトーキングドラムのどのように太鼓の音によって情報を伝えたり、狼煙や烽火、ほら貝、鐘、号砲、手旗信号ねどを使い、伝えたい内容を音や符号に変えた工夫であった。そしてその後の社会の発展に伴い、より遠く、より早く、たくさんの情報を確実に通信する工夫がなされ、情報通信手段の発展が促されてきたのである。現在の通信システムの原型と言われる電話は、伝えたい文字を符号化し、電気の信号に変えて送るもので、電線をつなぐことで離れた場所
    との情報のやり取りが早く確実にできるようになった。そしてそれは情報通信技術に飛躍的な発展をもたらした。次手段として、空気の振動によって伝わる音声を電気の信号..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。