S0106 教育社会学(4単位)第1設題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数114
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育部(小学校教諭一種免許)の合格レポートです。日々の勉強の参考にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。」
     
    学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉である。現在、先進国、発展途上国ともに国家的な社会問題のひとつとして「教育」を重視している。つまり「学歴社会」ではない社会はこの世に存在しないともいえるのである。そして、それは単に教育を重視するという意味以上のものが含まれている。その点を現在の学校の状況から鳥瞰し述べていく。
    教育とは、公教育と非教育に分けて考えることができる。公教育とは、公的なシステムとしての小中学校や高等学校、短期大学、高等専門学校、大学で与えられる教育のことである。(Informal educationと称する)
    一方、非公教育とは家庭でのしつけや地域社会のおける各種学習や公開講座や成人学級などを含んだものを意味する。(non-formal educationと称する)
    現代社会の特徴は、公教育システムが非公教育を次々と取り込んでいくところにある。つまり以前は学校以外で学んでいたことを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。