S0101 教育原論(4単位) 第1設題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数100
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    佛教大学通信教育部(小学校教諭一種免許)の合格レポートです。日々の勉強の参考にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ペスタロッチーの教育学(直感の原理など)について考察せよ。」
     ペスタロッチーの教育学を考察していくために、直感の原理について述べていく。
    「直観こそがあらゆる知識の絶対的な基礎である。言い換えれば、どんな知識もみな直観から発するべきものであって、直観に還元されるものでなければならない」※1
    ペスタロッチーの心理学的概念は、上記の引用文にあるようにドイツの啓蒙哲学の特色を帯びたものといえる。つまり直観の原理とは、すべての認識の基礎となるものであり、教育方法はまず直観的でなければならないという考えである。それは次のような言葉でも表現されている。「直観と感情とは、子どもの内的な能力の所産としてすでに本源的に人間的で、精神的で道徳的であります。人間は直観と感情をまず最初に知覚し、まさにそのことによって直観と感情それ自体と人間の内的なるのものとを知覚する外界の対象から分けて、純粋に自由に直感され、感ずるのです。直観と感情とは児童と人類の純粋に人間的な、純粋に精神的な、また純粋に道徳的な文化のすべての単純な、不変の要素となり、また要素であるのです。」ペスタロッチーはこのことを教育方法の重要な柱..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。