平成27~29年、日大通信、合格レポート、アメリカ文学史(科目コード N30200)分冊2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数165
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※アメリカ文学史のレポートでは後半に作品を読んだ感想を書くという課題がありますが、この販売レポートではその感想を消してあります。ご注意ください!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『アメリカ文学史(科目コード N30200)』分冊2
    【課題】
    教材11章The Writers of the“Lost Generation”の概要をレポート前半でまとめる。HemingwayとFitzgeraldの作品(短編も可)をそれぞれ一作(邦訳可)読み、解説ではなく実際に読んだ作品感想をレポート後半でまとめる。1900字以上書くことが望ましい。
    <ポイント>
    教材の概要のまとめは各作家と作品の特徴がわかるように書くこと。作品感想はあらすじや解説ではなく素直な感想を書くこと。リポート前半と後半のバランスを考えること。
    <キーワード>
    「失われた世代」、「モダニズム」、「象徴主義と心理的リアリズム」
    【本文】
    アメリカにとって1920年代は奇妙だが素晴らしい時代である。第一次大戦後の若者はアメリカの理想を、アメリカは優秀な作家を失い「失われた世代」と呼ばれている。
    フィッツジェラルドの処女作『楽園のこちら側』は、新しい世代を描いた作品である。有名作家となった後、『崩壊』には精神・肉体的な病を患い始めた頃の苦悩が描かれている。『フラッパーと哲学者』と『ジャズ・エイジの物語』は初期の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。