平成27~29年、日大通信、合格レポート、アメリカ文学史(科目コード N30200)分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数242
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※アメリカ文学史のレポートでは後半に作品を読んだ感想を書くという課題がありますが、この販売レポートではその感想を消してあります。ご注意ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『アメリカ文学史(科目コード N30200)』分冊1
    【課題】
    教材6章The Civil War and the “Gilded Age”の概要をレポート前半でまとめる。Whitmanの詩(一遍。詩のタイトルを明記すること。邦訳可)およびTwainの作品(短編も可)を読み(邦訳可)、解説ではなく実際に読んだ作品感想をレポート後半でまとめる。1900字以上書くことが望ましい。
    <ポイント>
    教材の概要のまとめは各作家と作品の特徴がわかるように書くこと。作品感想はあらすじや解説ではなく素直な感想を書くこと。リポート前半と後半のバランスを考えること。
    <キーワード>
    『草の葉』、「南北戦争」、「金ピカ時代」
    【本文】
    ウォルト・ホイットマンの『草の葉』は彼が生涯書き続けた作品である。初版からの作品に「ぼく自身の歌」があり、自分自身のことを歌いつつも最終的には自分自身が世界の全てを包括するとしていた。「いつまでも揺れやまぬゆりかごの中から」や「アダムの子供たち」と「カラマス」では、性を扱い世に衝撃を与えた。彼は新しい詩形を創り出し、旧来のヨーロッパの伝統から決別した。それは自伝的エッセイ『過..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。