平成27~28年、日大通信、合格レポート、国際金融論(科目コード S31200)分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数166
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成28年03月に合格を頂いたレポートです。
    先生からの講評では…”よくまとめられています。”とお褒めの言葉を頂いております。ご購入者様のレポート作りに役立てば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【国際金融論(科目コード S31200)分冊1】
    【課題】
    企業が行う為替リスクへの対策にはさまざまな方法があるが、それらについて説明し、さらに為替リスク管理の必要性が高まった理由や背景についても論じなさい。
    <ポイント>
    企業内ヘッジと企業外ヘッジの違いはなにか。
    金ドル交換停止(ニクソンショック)以降、世界経済にはどのような変化が起きたか。
    <キーワード>
    フォワード、フューチャー(ズ)、オプション、スワップ、金ドル交換停止
    【本文】
    企業が行う為替リスクには、為替レートの変動による影響をなくす、もしくは少なくするヘッジを行う。この為替リスクをヘッジする方法は主に企業内、企業グループ内で行う手法(企業内ヘッジ)と金融機関や金融市場から提供される外部取引によって行う(企業外ヘッジ)の2つに分けられる。この企業内ヘッジと企業外ヘッジについて詳述していきながら、どうしてこれら為替リスク管理の必要性が高まったのかを説明していく。
     為替レートは外国為替市場の需給状況により日々変化するものである。そして、この為替レートの変動というものは企業の収益を左右する大きな要因の1つである。しかしながら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。