平成27~28年、日大通信、金融論(科目コード R31800)分冊2、オールA評価合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数673
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    平成27年9月にオールA評価合格を頂いたレポートです。
    金融論に関しては、昼間スク‐リングに通っていたために自信がありました。 また本作品内には先生からの講評なども記載してありますので、購入様はそちらを参考により良いレポートの作成にチャレンジしてみて下さい。
    そしてさらに、こちらのレポートにはキーワードについて調べた資料も載せておりまるのでそちらも参考にしてみて下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    金融論(科目コード R31800)分冊2
    【課題】
    中央銀行が金融緩和政策を行った場合に金利と為替レートには、どのような影響があるのでしょうか。短期と長期に分けて説明しなさい。
    【ポイント】
    金利と為替レートについては、国内マネー・マーケット均衡条件と外国為替市場均衡条件を考えましょう。また短期と長期は、物価が関係していることに注意をして、オーバーシュート、デノミネーションについて調べましょう。
    【キーワード】
    疑似金利裁定(UIP)、デノミネーション、オーバーシュート、物価
    ・疑似金利裁定(Uncovered Interest Parity)とは、投資家および外国為替市場関係者がとる、自国マネーの利回りと外国マネーの利回りとを等しくするような行動。これが行われることで、外国為替市場の均衡が保たれる。その意味でUIPは外国為替市場の均衡条件なのである。
    ・デノミネーションとは、“法律などにより、強制的にマネーの呼称単位を変更する”ことである。これは今まで1円であったものを2円呼び換えるようなもので、それに伴い世の中の名目マネー残高Mも2倍とされる。同時にすべての商品やサービスの価格であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。