平成27、28年、日大通信、保険総論(分冊2)合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数776
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは平成27年6月に合格を頂いた日大通信の『保険総論(科目コード S30600)分冊2』になります。

    指定された参考文献を用いて、キーワードに沿ったレポートを作成しています。
    このレポートには作成した当時に何を考え作成したのかを綴った、【自身の反省点】と合格後に頂いた【先生からの講評】を記載しています。
    これらが、ご購入者様のレポート作成のお手伝いになれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保険総論(科目コード S30600)分冊2
    【課題】
    生保・損保会社の販売について、最近の動きをも具体的に調べるなど幅広く記述し、併せて危険選択について記述してください。
    <ポイント>
    まず現状の販売体制、販売チャンネル(新販売チャンネル)を説明し、次にそれぞれの特徴・課題・取扱割合等をまとめること。また、保険会社の危険選択とは何か、何故必要かについてポイントをまとめること。
    現状の販売体制、販売チャンネル(新販売チャネル)のそれぞれ(上記の販
    売体制と販売チャネル)の特徴・課題・取扱割合等をまとめる。
    保険会社の危険選択とは何か、何故その危険選択が必要かについてポイントをまとめる。
    【キーワード】
    営業職員、代理店、新販売チャネル、告知義務
    【本文】
    ひと昔前までは、保険に加入するには保険会社の営業職員を通して行うのが一般的であった。しかし、それが今では販売チャネルが多様化し、生保・損保ともにさまざまな保険加入の手段を選べる時代になった。それら多様化した販売チャネルとは、保険の募集を行う際の販売経路のことであり、今現在主流となっているものは、営業職員、代理店、銀行窓口、通信販売、保険..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。