2013年度 教職実践演習(教職) 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数673
ダウンロード数48
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    PA4030 教職実践演習(教諭)

    こちらのレポートは少し苦戦しましたが、課題のポイントを抑えることと、文末の処理を徹底させて論じると合格できるようです。皆様のご参考になれば幸いです。

    参考文献:『教育実践実習―磨きあい高めあい続ける熱意ある教師に』 青木秀雄著 (明星大学出版)



    講評:1.課題の意味を捉え、しっかり省察することができていると思います。 2.課題に即して自分の言葉でまとめられています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教職実践演習 2単位目
    子どもたちの目線に立った学級経営と生徒指導とは何か。その在り方について、教育実習や学校ボランティアなど教育・保育現場での経験を踏まえ具体的に論じなさい。
    2.学習指導における柔軟な実践力と教師の権威・責任についてあなたの考えをのべなさい。
    1.学級経営とは、学級担任にとって欠かせない教育的配慮であり、子ども一人一人が安心して学び生活していくためには、児童間および教師との信頼関係をもとにした学級経営を進めていく必要がある。学級は子ども一人一人が個性を発揮し、安心して楽しく過ごせる場所でなくてはならない。そのためにも教育活動全体を通して児童の日常の活動や成果を把握し、学級指導や生活指導における改善に取り組んでいかなければならない。子どもたちの目線に立った学級経営と生徒指導とは何か、教育実習に行って学んだことや感じたことを述べる。
     私の教育実習の配属学級は、とてもまとまりがあり、生徒指導が行き届いているように思えた。しかし、一方で、担任の不断の努力と工夫がなされている事に気づかされた。まず、朝、担任が誰よりも早く自分の学級に入室し、登校してくる子どもたち一人一人に挨..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。