【2016年度】明星大学[PB3100]初等教育相談の基礎と方法2単位

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数151
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度 明星大学 通信教育 教育学部 初等教育相談の基礎と方法 2単位目の合格レポートです。 特に注意もなく合格をいただきました。少しでも皆様のお力になれたら幸いです。 よろしくお願い致します。


    【参考文献】
    「教師のための初等教育相談〜日常から子どもに向き合うインクルーシブな発達支援〜」西本絹子著(萌文書林)

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    明星大学 
    [PB3100]
    初等教育相談の基礎と方法 
    2
    単位目

    2016
    年度の明星大学
    教育学部
    通信教育課程における、レポート課題です。
    このレポートは特に注意もなく、「合格」の評価をいただけました。少しでも、皆様のお力になれたら幸
    いです。
    【課題】
    1.
    発達障害のある子供どもを通常学級においてどのように理解し、支援したらよいか、一つの
    発達障害を取り上げ、述べなさい。
    2.
    「いじめ」「不登校」「障害をもつ、あるいはそれを疑う子どもの保護者への支援」「困っ
    た保護者への支援」の問題のうち、いずれか1つを選んで、その理解と支援の方法を述べな
    さい。

     ここではADHD(注意欠陥/多動性生涯)について、どのように理解し対応するかにつ
    いて述べていきたい。_まず、ADHDは、不注意・多動性・衝動性を特徴とする、行動の
    コントールの障害である。例として、話しかけられているのに聞いていないようにみえる、
    指示に従えず仕事を最後までやり遂げない、じっと座っていることができない、過度にしゃ
    べる、順番を待つのが難しい、人の邪魔をする、などの行動が見られる。「きちんと、ち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。