【2016年度】明星大学[PB3100]初等教育相談の基礎と方法1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数140
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度 明星大学 通信教育 教育学部 初等教育相談の基礎と方法 1単位目の合格レポートです。 特に注意もなく合格をいただきました。少しでも皆様のお力になれたら幸いです。 よろしくお願い致します。


    【参考文献】
    「教師のための初等教育相談〜日常から子どもに向き合うインクルーシブな発達支援〜」西本絹子著(萌文書林)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 
    [PB3100]
    初等教育相談の基礎と方法 
    1
    単位目

    2016
    年度の明星大学
    教育学部
    通信教育課程における、レポート課題です。
    このレポートは特に注意もなく、「合格」の評価をいただけました。少しでも、皆様のお力になれたら幸
    いです。
    【課題】
    1.
    カウンセラーの行うカウセリングと比較しながら教師の行う教育相談の目的・内容・特徴を
    整理しなさい。
    2.
    子どもを発達的な視点から理解するとはどういうことか、および、子どもの問題行動の捉え
    方の2点について整理して述べなさい。

     教育相談とは、教師が児童生徒最優先の姿勢に厳し、児童生徒の健全な成長・発達を目
    指し、的確に指導・支援することである。支援の内容として、情緒的サポート、情報的サ
    ポート、評価的サポート、道具的サポートがあり、機能としては「開発的教育相談」「予
    防的教育相談」「問題解決的教育相談」の3つがあげられる。そして、具体的な方法には、
    指示や助言、指導を中心とするガイダンスやコーチングなど、従来の学校教育になじみに
    あるものから、カウンセリング、コンサルテーション、コーディネーション、SST..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。