【2015年度】明星大学[PB2130]初等算数科教育法1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数244
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年度 明星大学 通信教育 教育学部 初等算数科教育法 1単位目の合格レポートです。 特に注意もなく合格をいただきました。少しでも皆様のお力になれたら幸いです。 よろしくお願い致します。


    【参考文献】
    「初等算数科教育法」小野英夫著(明星大学出版部)

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    明星大学 
    [PB2130]
    初等算数科教育法 
    1
    単位目

    2015
    年度の明星大学
    教育学部
    通信教育課程における、レポート課題です。
    このレポートは特に注意もなく、「合格」の評価をいただけました。少しでも、皆様のお力になれたら幸
    いです。
    【課題】
    1.
    「数と計算」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上
    で、「算数的活動」の教材を1つ考案しなさい。
    2.
    「量と測定」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上
    で、「個に応じた指導」とその流れについての具体的な教材を挙げて説明しなさい。

     「数と計算」の領域では、整数、小数、分数の意味と表し方を理解すること、数につい
    ての豊かな感覚を育てること、言葉や数による表現力などを重視する。また、数の計算の
    意味を理解し活用すること、数の見積もりができるようにすること、なども挙げることが
    できる。学年別目標として、低学年では、具体物を用いた活動を通して、数についての感
    覚を豊かにし、数の意味や表し方、また加減法の意味について理解し、計算の仕方を考え、
    用いることが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。