【2014年度】明星大学[PB2120]初等社会科教育法1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数205
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度 明星大学 通信教育 教育学部 初等教育方法学 2単位目の合格レポートです。 特に注意もなく合格をいただきました。少しでも皆様のお力になれたら幸いです。 よろしくお願い致します。


    【参考文献】
    『第2版 洞察力を培う初等社会科教育法』青木秀雄著(明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 [PB2120]初等社会科教育法1
    単位目
    *2014年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題です。
    このレポートは特に注意もなく、「合格」の評価をいただけました。少しでも、皆様のお力になれたら幸
    いです。
    【課題】
    1.
     初期社会科がめざしたねらいと指導法の特徴について、今日の初等社会科のあり方と課題に
    関連して論じなさい。
    2.
     初等社会科が育むべき学力の特徴について、学習形態および「総合的な学習の時間」と体験
    学習に関連して論じなさい。
    1.
      現代社会を生き抜くためには、単に知識を身につけるだけでなく、初めて遭遇するような
    場面や出来事でも、自分で考えて判断し、前に進んでいけるような資質や能力必要である。今
    日では、このように人間としての実践力や生きていくための知恵・能力のことを「生きる力」
    と言っており、このねらいは初期社会科がめざしたものであったとも言える。初期社会科の今
    日の在り方や課題と関連させながら、初期社会科めざしたねらいや指導法の特徴について述べ
    ようと思う。          
     初期社会科は、広く昭和20年代の成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。