【2014年度】明星大学[PB2160]初等教育方法学1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数213
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度 明星大学 通信教育 教育学部 初等教育方法学 1単位目の合格レポートです。 特に注意もなく合格をいただきました。少しでも皆様のお力になれたら幸いです。 よろしくお願い致します。 

      【参考文献】
    『教育方法の理論と実践』小川哲生・菱山覚一郎著(明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 [PB2160]初等教育方法学1
    単位目
    *2014年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題です。
    このレポートは特に注意もなく、「合格」の評価をいただけました。少しでも、皆様のお力になれたら幸
    いです。
    【課題】
    1.
     系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理し、比較検討しなさい。
    2.
     次の語について、それぞれ調べなさい。
    (1)情報活用能力 (2)絶対評価 (3)
    生きる力
    1.
     
    現在の教育方法は、学習者の発達段階や具体的な教科目の特性、教員側の教育観・目的など
    により、基本的に系統学習と問題解決学習の二つの類型に分けることができる。
     初めに系統学習とは、人類が培ってきた文化遺産や科学的な成果などを次世代に伝達し、継
    承させるために、教師が学習者に対して知識や技能を系統的に順序よく教授し、的確に習得さ
    せる学習方法である。長所は、短時間に多人数の学習者に共通の学力や知識を育成することが
    できるという点であり、一斉学習に適している。また、教師は予め教材の配列が系統的に示さ
    れた教科書などを扱って授業を行うため、自ら題材を選択する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。