【2014年度】明星大学[PB2100]初等教育過程論2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数76
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度 明星大学 通信教育 教育学部 初等教育課程論 2単位目の合格レポートです。 特に注意もなく合格をいただきました。少しでも皆様のお力になれたら幸いです。 よろしくお願い致します。


      【参考文献】
    『現代初等教育課程論』青木秀雄編 (明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 [PB]初等教育過程論2
    単位目
    *2014年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題です。
    このレポートは特に注意もなく、「合格」の評価をいただけました。少しでも、皆様のお力になれたら幸
    いです。
    【課題】
    下記3問より2問選択し、解答のこと。
    1.
     小学校教育課程の編成と教育方法に関連し、学力を伸ばすためにはどうあるべきか、検討し
    てください。
    2.
     教育評価につき、今後の学力課題に関連して考えをまとめてください。
    3.
     幼稚園教育の指導計画の立案に当たって、基本的に留意すべき点を挙げて説明してください。
    なおその際、保育の理念や目指す子ども像、遊び観などを取り上げてください。
    (今回、私は1と3に解答しました。※2
    の解答は書いていません。)
    1.
     教育課程の編成とは、学校の教育活動についての最も基本となる計画である教育課程を作成
    することであり、各学校において、「学校教育の目的や目標を達成するために、教育の内容を
    児童生徒の心身の発達に応じ授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画」に
    ついて、構想を立て基本的な考え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。