【2014年度】明星大学[PB2100]初等教育過程論1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数95
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度 明星大学 通信教育 教育学部 初等教育課程論 1単位目の合格レポートです。 特に注意もなく合格をいただきました。少しでも皆様のお力になれたら幸いです。 よろしくお願い致します。


      【参考文献】
    『現代初等教育課程論』青木秀雄編 (明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 [PB2100]初等教育過程論1
    単位目
    *2014年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題です。
    このレポートは特に注意もなく、「合格」の評価をいただけました。少しでも、皆様のお力になれたら幸
    いです。
    【課題】
    1.
     教育過程とはどういう意味ですか。それが教師や子どもにとってなぜ重要なことといえるの
    ですか。
    2.
     「小学校学習指導要領」の7回の改訂を取り上げ、それぞれの改訂で示された教育課程の特
    徴についてまとめてください。
    1.
     教育課程とは、学校の教育活動全体についての基本となる計画のことであり、各学校では、
    その教育が実現したい目標や、実現のための方針などを明確に示し、全体を見通した適切な計
    画を立て、それに基づいて教育活動を展開することが重要とされている。そして、この教育課
    程を編成する原則としては、基礎的・基本的な知識及び技能を身につけると共に、それらを活
    用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力などを育て、学習者が主体的に学
    習に取り組める、という目標が掲げられている。つまり、学習者を見据えていない教育課程は
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。