【明星大学】2013年教育の制度と経営 1,2単位 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数231
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1単位目
    1.日本における最近の教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ
    本レポートは昨今、活発に議論が交わされている「ゆとり教育」に関する改革の動向を取り上げる。学習指導要領で示されているように学校で行われる教育活動の究極的な目標は「生きる力」を養うことにある。つまり知識の教え込みを廃し、教科の枠を超えた横断的、総合的な学習活動を展開する中で自己の問題を解決できる能力を養うことである。それは戦後初期の教育改革から見られる傾向である。また現代においても同理念はOECDの国際的な学習到達度調査PISAの志向に沿ったものであり、他の先進国の教育改革動向と合致する。「ゆとり教育」はそうした教育理念の実現を目指し推進されている。それらを鑑みると方向性としては誤っていないように思われるが、多くの改革論議が巻き起こったのも事実である。その多くは「ゆとり教育」の実施によって基礎・基本的な学力が低下したという批判である。学校週5日制の導入、カリキュラムの削減、業者テストの廃止などがその批判の代表例である。また2003年のPISA調査の結果が悪かったことも「ゆとり教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。