【明星大学】2013年児童心理学 1.2単位 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数168
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1単位目
    子どもの愛着形成について説明しなさい。
    愛着とは乳幼児と母親など特定の人との間に形成される情愛的な結びつきである。また乳幼児が選択的にその人に接近することを強く求める行動は愛着行動と呼ばれ、同時期の子供の行動特性として説明されることが多い。しがみつき、後追いといった接触・接近を求める行動、その人への微笑・呼びかけ・泣きなどの信号行動がその例である。ではなぜ乳幼児はそうした結びつきを必要とし、母親を始めとした周囲の人間は乳幼児の愛着形成に向けた働きかけを行う必要があるのかそれぞれの立場から述べていく。まず乳幼児から。一つ目の要因は飢えや渇きといった生理的欲求を充足するためである。生命活動の維持を目的とするこの欲求は生物にとって根源的な問題であり、その危険を除去することは本能的欲求であるといえる。二つ目の要因は接触・接近を通して快感や安心感を得るためである。乳幼児は外部から得られる知覚刺激を通じて認知機能を発達させていく。そしてそうした発達をもとに探索行動を行うには危険から身を守る拠点が必要であり、快感や安心感を与えてくれる情愛的な結びつきがそれにあたる。次に周囲の人間であるが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。