Z1001日本国憲法【日本大学理工卒】(合格済)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数329
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『法の下の平等について』

    ※シラバスの留意事項に沿い、必要に応じて調査してまとめてあります。佛大で小学校1種免許の取得を目指す皆さんは是非ご活用ください。
    (他教科も多く載せていますので、ぜひ検索してみてください。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『法の下の平等について』
    日本は立憲主義を採用しており、憲法によって国家権力を制限し、「権利」を保障している国である。憲法の3大原則に「基本的人権の尊重」、「国民主権」、「平和主義」があり、その中の「基本的人権の尊重」については、憲法第97条【基本的人権の本質】において、「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、 これらの権利は、過去幾多の試錬に堪え、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利」と明示されている。基本的人権は人間として当然に有すべき権利であり、大きく「平等権」、「自由権」、「社会権」、「請求権」、「参政権」から成り立つ。本レポートはこの「平等」について詳細に論述し、第1章~第5章及びまとめにより構成する。
    自由と平等
     日本国憲法の第3章 [ 国民の権利及び義務 ] には、様々な自由・平等に関する条文がある。まずは自由と平等の意味をそれぞれ示す。自由とは、「自分の意のままに振る舞うことができること」であり、平等とは、「かたよりや差別がなく、みな等しい」という意味である。この両者の性質はしばしば矛盾や衝突を起こすことがある。例えば、国家がすべての人間に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。