S0536同和教育【日本大学理工卒】(合格済)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数416
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『50年に及ぶ戦後の同和教育史を総括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。』

    ※シラバスの留意事項に沿い、必要に応じて調査してまとめてあります。佛大で小学校1種免許の取得を目指す皆さんは是非ご活用ください。
    (他教科も多く載せていますので、ぜひ検索してみてください。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『50年に及ぶ戦後の同和教育史を総括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。』
    まず、同和問題とは何かについて記述する。そもそも、部落とは「集落」の意味であり、同和地区とも呼ばれる。行政用語において、部落と言えば、「被差別部落」のことを意味し、部落に関する諸問題のことを「同和問題」という。1965年に出された同和対策審議会答申では、「同和問題とは、日本社会の歴史的発展の過程において形成された身分階層構造に基づく差別により、一部の集落が経済的・社会的・文化的に低位の状態におかれ、現代も市民的権利と自由を完全に保証されていないという社会問題」と同和問題を位置付けている。日本国憲法には、第26条「すべての国民は、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有す」、第14条「すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によって差別されない」とあり、被差別部落の人々は差別されないという理念を明文化している。よって、同和問題の早急な解決は国家の責務であり、私たち国民にとっても目を背けてはならない問..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。