教育原論(A判定済み)[設題2]【日本大学理工学部卒】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数144
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。』
    教科書の内容がしっかりとまとめられており、レポートの主旨を把握できている」との評価で[設題1]と同じA判定を頂きました。安心してお買い求めください。

    いつも多くの方々に拝見していただき大変うれしく思っております。
    他教科についても多くの資料を掲載しておりますので、ぜひ検索してみてください。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/943599269305@hc14/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。』
    本レポートは「1、ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチーの生涯」、「2、ペスタロッチーの教育学」の2節構成である。
    1、ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチーの生涯
     1746年、ペスタロッチ-はスイスのチューリッヒで生まれる。5歳の時に父親を亡くし、幼年期を母親と家政婦によって育てられたことから、のちに教育における女性の重要性を説くことに影響を及ぼす。大学在籍時代、ペスタロッチ-は貧民救済のためには宗教ではなく法学を学ぶことが重要と悟り、「愛国結社」という政治結社を作り、政治運動を行う。しかし、1767年の政治事件で投獄されたことをきっかけに政治の道を絶たれる。その後、農業改革にも手を出すが失敗に終わる。そんな中ペスタロッチ-は1774年に貧民学校を設立し、教育活動を開始する。貧民学校では、ノイホーフに労働力として集められた子どもを対象に教育を施した。1789年フランス革命が勃発する。革命政府は戦乱によって生じた孤児のためにシュタンツに孤児院を設立する。ペスタロッチ-はその孤児院を委任され、病気や悪い生活習慣を持った子どもたちの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。