家庭科概論(第1設題)【A判定、日本大学理工学部卒】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数204
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『自分自身の生活のなかで改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り・・・また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい』

    ※特記事項
    ・本資料はテキストの42頁~87頁を参考に「食生活の課題」について論述した。その際、単なる引用にならないように論理的にまとめるよう意識したのでので安心してお買い求めください。

    ・本資料は改善の実践例として家庭教師経験を題材として論述している。実践例は各自で異なる部分であるため、本資料を参考に各自でオリジナルを作成してください。

    ・本資料は「設題の留意点・学習の要点」に従って作成しました。 設題内容は2014年度版となっております。

    ・いつも多くの方に見て頂き、たいへん嬉しく思っております
    他教科も多く載せていますので、ぜひ検索してみてください。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/943599269305@hc14/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『自分自身の生活の中で改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。』
    本レポートでは「食生活の課題」についてテキストの42頁~87頁を参考に記述する。
    今日、日本は「食べられたらよい」という時代から、食品の工業化、平和と経済的繁栄、サービス産業化によって「飽食」の時代となった。現代のように豊かになるとテイクアウトの弁当、インスタント食品、冷凍調理食品の消費が増え、家庭で調理をするという機会が減少してくる。また、レストランなどは家族でレジャーとして楽しむには最適だが、その栄養バランスは家庭の中で調理されるものと比べ、杜撰であることが多い。このように、昔の「内食」が普通だった生活は、今では「中食」「外食」も含めた食事形態の多様化が進んでいることがわかる。食事形態に限らず、テレビやインターネットのようなメディア形態の多様化も悪影響を及ぼしている。「食」に関する間違った周知は、無理なダイエットやサプリメントや特定栄養食品への過信にも繋がってしまう。平成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。