教育相談の研究(第1設題)【A判定、日本大学理工学部卒】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数308
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。』

    ※特記事項
    ・シラバスの留意点に「自分なりの」という言葉が多く使用されていました。本資料を参考にして、言葉遣いを自分なりの言葉遣いに訂正することをお勧めします

    ・本資料は、設題の趣旨をとらえて、重要事項を網羅したものとなっております。安心してお買い求めください。

    ・「設題の留意点・学習の要点」に従って作成しました
     設題内容は2014年度版となっております

    ・いつも多くの方に見て頂き、たいへん嬉しく思っております
    他教科も多く載せていますので、ぜひ検索してみてください。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/943599269305@hc14/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。』
     カウンセリングには治療的カウンセリングと、発達援助的カウンセリングの2種類がある。治療的カウンセリングとは、クライエントの症状や病気を治療することが目的で、一般的に言われるカウンセリングのことを指す。対して、発達援助的カウンセリングとは子供一人一人が持つ固有の発達課題に向き合うことで、子供の人格がバランスよく成長することを援助することが目的である。このことから、学校カウンセリングは発達援助的カウンセリングに分類されると言える。
     そもそも、学校カウンセリングが重要視されるようになったのはまだ最近の事である。そのきっかけは、平成7年度から文部省の調査研究委託事業として始まった「スクールカウンセラー活用調査研究委託事業」である。カウンセリングを専門に、教職免許を持たない人間(スクールカウンセラー)が学校の中に入っていくこの取り組みは画期的で、「戦後最大の変革」とも言われている。このような学校カウンセリングが行われる理由としては、発達課題には個人差が大きいということや発達課題の種類が様々で多様化しているとい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。