A評価 地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数299
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ。」
    1、地域福祉の概論
     地域社会において、地域住民のもつ問題の解決やその発生を予防するための社会福祉政策とそれに基づく実践を「地域福祉」という。地域福祉の概念は、捉え方や立場の違いで人によってさまざまな見解があり、必ずしも定まっているとはいえないが、在宅福祉サービスや地域組織化を具体的内容としている点では共通している。そして、地域住民の生活上の問題に対して、住民相互の連帯によって解決を図ろうとする点が地域福祉の特徴である。        地域福祉論の研究領域は非常に広く、その展開はミクロレベルの実践からマクロレベルの制度・政策にまでおよび、多次元、複雑である。地域福祉論は、このような地域福祉という社会現象を学際的・総合的に研究することにより、その全体を把握して、体系的に明らかにするための理論である。
     地域福祉の諸理論は、戦後の地域福祉の展開過程において明らかにされてきたものであり、それぞれの時代における社会福祉の状況や地域福祉の度合いなどとの関連において討議されてきた。地域福祉の概念をあえて分類整理すると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。