「自分が実習を予定(希望)している施設(種別)では、どのような援助が提供されているか具体的に述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数220
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価をいただきました。参考になれば幸いです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「自分が実習を予定(希望)している施設(種別)では、どのような援助が提供されているか具体的に述べよ。」
    1、はじめに
     私が実習を希望している機関は、「地域包括支援センター」である。以下に、センターの根拠法と概要、支援内容、制度や運用の現状と課題について述べる。
    2、施設機関の根拠法
     「地域包括支援センター」の根拠法は、「介護保険法」である。「介護保険法」は、高齢者の介護を社会全体で支え合う仕組みを目的として、2000(平成12)年4月に施行された。そして、2005(平成17)年の介護保険制度の改正により、「地域包括支援センター」が設置されることとなったのである。
    この「介護保険法」において、「地域包括支援センター」は、地域住民の心身の健康の保持および生活の安定のために必要な援助を行い、地域住民の保健医療の向上および福祉の増進を包括的に支援することを目的とする。包括的支援事業等を地域において一体的に実施する役割を担う中核的機関として設置される(介護保険法第115条の46第1項)と定めている。
     また、「地域包括支援センター」は、市町村(特別区を含む。以下同じ)が設置することができる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。