相談援助におけるスーパービジョンの意義について説明せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数624
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「相談援助におけるスーパービジョンの意義について説明せよ。」
     現在社会福祉の現場では、どのような現場でも支援の質や職員の教育が切迫した課題となっている。また、職場の人間関係の風通しの悪さや業務における指揮命令の混乱などで支援が滞り、利用者への支援に影響をもたらしているケースなどがよく見受けられる。スーパーピジョンは、このような問題を解決する方策として大いに期待されるものである。なお、スーパービジョンを行う専門職をスーパーバイザー、スーパービジョンを受ける対象者をスーパーバイジーと呼ぶ。このスーパービジョンの定義として、「ソーシャルワークにおけるスーパービジョンとは、ソーシャルワークを行う施設や機関において、スーパーバイザーによって行われる専門職としてのソーシャルワーカーを養成する過程である」ととらえ、以下スーパービジョンの歴史、機能、目的、構造について述べていく。
    1、スーパービジョンの歴史
     ソーシャルワークにおいてスーパービジョンの始まりは、特に慈善組織協会(以下、COSと記す)の活動にあるとし、その活動を支えたのは友愛訪問員と呼ばれるボランティアであった。友愛訪問員の教育・訓練..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。