社会福祉士に求められる資質について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数434
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    何かの参考になれば幸いです。一応A評価をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会福祉士に求められる資質について述べよ」
     今日の少子高齢化社会の進行の中で、子育てや介護は国民にとって深刻な問題となっている。特に現代社会においては、所得や資産の格差、地域におけるつながりの薄れからくる諸問題が多々発生しており、生活のしづらさを感じる人々の問題も多様化、複雑化しているのが現状である。
     われわれソーシャルワーカー(以下ワーカーと記載)の仕事は、人とのコミュニケーションからから始まる。そしてクライエントの話をよく聴き共感することがソーシャルワーク援助の出発点となる。その際、相手の立場になり考えることができるということが社会福祉士にとって最も必要な資質であると考える。では、相手の立場になって考えるということはどのようなことを指すのか、そのために何が必要なのかについて詳述していく。
    <基本的なコミュニケーション術> 
    コミュニケーションの定義は多様にあるが、通常は「複数の人間や動物が意思、感情、情報などの伝達を行うこと」をコミュニケーションという。
    人はコミュニケーションにより他人と人間的にかかわりあうことができる。このコミュニケーションには、情報の伝達という機能だけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。